多忙化解消の有効策探る モデル小中4校で3年間

静岡県教委は、教育現場の現状や実情を把握して多忙化解消の有効策を研究する「未来の学校『夢』プロジェクト」を開始した。小学校2校、中学校2校を、そのモデル校に指定した。プロジェクト委員は大学教授、県教頭会代表、教員代表、PTA代表、民間コンサルタントら。モデル校では委員とともに3年間の研究を行い、その後、文科省に報告して成果の普及を図る

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。