「靴を揃えてください」と教師の指示。それに対して「ちゃんと揃えましたよ」と子どもたち。「どこがちゃんとよ。揃えなさい!」と教師のお説教が始まる。子どもたちは何も言い返せず、教師への不満だけが募る。

学校の人材育成における校長の役割とは。ミドルリーダーの指導と育成方法は。教員評価において、年度当初の指導や職務遂行状況の把握は、どのようにするのが適切か。教職員の服務管理や服務事故の処理はどうすればいいか。

生まれたての赤ちゃんには、「気質」という性格の核がある。そこに親は、愛情や教養、生活習慣などを与え、心に栄養を送る。こうして形成されるのが、子どもの「気性」。やがて、親は子どもを「期待」という名の型に入れる。自我が芽生え、子どもはこの型を壊したいと感じる。思春期の始まりである。この時期から、「自分の長所と短所は何か」「長所をどう生かし、欠点をどう長所に変えるか」などの課題と向き合う。これが、アイデンティティ確立の第一歩。

既刊第1巻に続き第2巻と第3巻が発行された。怖いけれど「みたい! しりたい! しらべたい!」話。第2巻は「学校やトイレにひそむ怪談」、第3巻は「学校の七不思議と妖怪」。

バリバリ仕事をする30代は、常に改善・改革を目指し、時間も労力も惜しまずに仕事をする。ただ、自分なりの正義で走りすぎ、周りに迷惑をかけているときがある。

例えば鬼ごっこ。子どもの走る力や、逃げたり避けたりする力を把握できていないと、ルールを決められない。

池に遊びにきた子どもに採集され、水槽に入れられたイモリくん。おうちに帰りたいけど、水中での暮らしが中心だから、池までもどれない。そこにヤモリくんが助けの手。「なかまなの」とイモリくん。とにかく、脱出だ。ネコから逃れ、おもちゃのヘリコプターに電池入れて飛び立った。なんとか池のふちまでたどり着く。そこにフクロウの攻撃。陸で暮らすヤモリくんが池に落ちた。今度はイモリくんが助け、カエルと一緒にヤモリくんを帰すペットボトルボート作戦が始まる。透明な船底からは、池の中がよく見える。

春の野原をひらひらと舞う、白い花びらのようなチョウ。えっちゃんと子猫のミュウは、夢中で追いかけた。

子どもには笑顔がよく似合う。しかし、そのかけがえのない笑顔を失ってしまっている子どもたちがいる。

忘れるって、どういうこと? 忘れた記憶も脳に残っているの? テレビやゲームは脳の働きを抑制するの? スマホと成績は関係するの? 脳の力を引き出すには何を食べればいいの? ロボットは東大に入れるの?――。そんな疑問の数々に答えてくれる。

公式SNS

16,245ファンいいね
0フォロワーフォロー