駅前広場のけやきの木には、カラスだんなの「はりがねごてん」がある。大きくて立派だけど中に入ったものはいない。わかいカラスのカンタは、カラスだんなに憧れている。そこにカラスだんなのおでまし。きまぐれをおこし「みせてやらんでもないぞ」という。

アクティブ・ラーニングの視点に立った授業が求められている現在、「教えて考えさせる授業」は改めて見直されるべき内容である。

執筆には教育社会学者や小学校教師などが参加。社会学的な視点を押さえた教育実践を創るための提案を記している。

ほめる・叱る・認める。この3つの適切な関わりの中で、子供たちは安心して適切に伸びていく。これは、長い教職生活で多くの子供たちと真摯に接しての実感だと述べる。

公式SNS

16,265ファンいいね