〈特別支援教育〉1から始める教科学習 「感じる・考える・伝え合う」授業づくり

国語科には「聞く・話す」「読む」「書く」の3領域がある。それぞれの領域で、発達の過程があり、その過程を理解して授業づくりをしなければならない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。