言葉がすらすらでないんだ

「やあ、ぼくはハルオ。11歳。言葉がすらすら出ないんだ」。

ハルオ君が続けて説明する。ぼくが「どもる」ってことは、見た目ではわからない。ほかの子と同じだもの。でも、友達は気付いている。ぼくの話し方が、他の子とは少し違うってこと。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。