こぶたものがたり

中澤晶子 作 岩崎書店 1300円+税
中澤晶子 作
岩崎書店
1300円+税

主人公は2匹のこぶた。ウクライナと日本で生まれた。ロシア語でぶたの鳴き声は「フリューフリュー」。少女ターニャと仲良しは「まるまる」ちゃん。ブーブー日本の「もも」ちゃんは、なつこちゃんと仲良しだ。

1986年4月、近くの発電所で大きな事故が起きていた。村人は誰も、それを知らなかった。チェルノブイリ。村は立ち入り禁止。まるまるとターニャは……。まるまるがいくら待っても村には誰も帰ってこない。

2014年、日本。3年前の春先、地面がぐらぐら揺れた。大きな波が海辺を襲い、発電所でとんでもない事故が起きた。福島第一原発。なつこちゃんの親、ふゆこ母さんは、こぶたが大好きな遠い国の女の子と友達になったのを思い出した。そうして、ももは……。

2つの国、2人の少女、2匹のこぶたが問い掛ける。

関連記事