教材学概論

次期学習指導要領に向けた改訂の審議が行われている。その中で児童生徒に育成すべき資質・能力について、▽何を知っているか、何ができるか(個別の知識・技能)▽知っていること・できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力)▽どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(人間性や学びに向かう力)――の3つの柱が示されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。