学校でしなやかに生きるということ

著者の日々の教職経験や思いをもとに綴った。書名の「学校でしなやかに生きる」が、現在、とても困難になっているのを肌で感じながら、現状のリフレクションを草の根でユーモラスに楽しく進めたいと願う。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。