奔走老人 あなたの村に学校をつくらせてください

谷川洋 著 ポプラ社 1500円+税
谷川洋 著
ポプラ社
1500円+税

60歳の元商社マンの著者が、スーツを脱いでアジアの奥地に飛び込んだ。ベトナムやラオスで学校づくり。これまでの12年間で220を超える小・中学校を立ち上げた。日本の学校との掛け橋となり、継続的な支援と交流を行う組織を作り上げたノンフィクション。

日本の子どもたちが自主的に募金をする「ワンコインスクールプロジェクト」では、既に小学校2校が建てられた。学校ごとに取り組みは多様。その核となるのが、子どもたちが自ら立てた目標を達成し、それを寄付金のコインに代えていくスタイル。

単に募金を集めるのではない。お手伝いをして10円、部活の練習で立てた目標に達して10円など、コツコツと貯めたものや、小学校で作った竹炭の売上金などが、山奥の学校となる。現地の子どもたちも学校建築を手伝う。

日本の学校とつながることでアジアの子どもたちの励みとなり、日本の子どもたちは自分の生活や学習環境について、さまざまな気づきによって学びを深めていく。現地の大人にも簡単な読み書きや計算、農業指導を行う。学校を起点にした村づくりが大切という。

Passion(情熱)、Action(行動)、Donation(支援)を掲げ、学校立ち上げや地域住民の理解を得ていくまでの姿が描かれている。時には文化の違いにぶつかりながら、教育という全く新しい世界へ突き進む。地域と取り組む教育と支援の根底を生き生きと描く。

関連記事