わかる・なれるICT支援員

わかる・なれるICT支援員編集委員会 編著 日本標準 2000円+税
わかる・なれるICT支援員編集委員会 編著
日本標準
2000円+税

「ICT支援員能力認定試験」の公式ガイドブック。内容は、▽ICT支援員について▽学校現場の業務と特性▽コンピュータとは何か▽コンピュータとネットワーク▽学校のICT活用シーン▽教育用ソフトの種類と使い方――など8チャプター。試験事務局のNPO法人情報ネットワーク教育活用研究協議会が監修した。

教育ソフトやネットワーク、情報セキュリティといった技術や知識についてはもちろん、教育現場で力を発揮するために、学校教育の基礎や教職員とのコミュニケーション力などが身につくよう、学習指導要領や学校組織などについても盛り込んでいる。

過去の出題や練習問題、確認問題を豊富に掲載。志望者にとって実践的な準備となる。受け入れ側の学校関係者にとっても、具体的にICT支援員に何をサポートしてもらえるのか、どこまで依頼していいのかなどが分かる。

著者の1人である九州ICT教育支援協議会の田中康平会長は巻末で、「ICT支援員の仕事は、学校にあるICT機器やソフトウエアなどの利活用をサポートしながら、その先に存在する教員や児童生徒の学びや成長を支えるものだと思います。さらに言えば、仕事を通して子供達の未来に貢献する存在だと思います」と結んでいる。

同試験は、ICT支援員に必要な能力認定を行う唯一のもの。教育情報化コーディネータ認定委員会が、平成25年から年2回、6月と10月に実施している。

関連記事