子どもがどんどんやる気になる 国語教室づくりの極意 1時間授業編

二瓶弘行 編著 東洋館出版社 2000円+税
二瓶弘行 編著
東洋館出版社
2000円+税

「子どもたちに確かな『言葉の力』をはぐくむために」――筑波大学附属小学校教諭・立教大学文学部兼任講師を務める編著者は、そんな思いで筆を執った。同書には、確かな言葉の力を育む国語授業をつくるためのヒントがたくさん詰まっている。

▽物語文▽説明文▽話す・聞く▽詩▽伝統的な言語文化▽言語事項・漢字▽作文▽読書――の8項目に分け、1時間の授業づくりのアイデアを盛り込んだ。熱意あふれる実践者が若い先生のために持ち寄ったものである。

(1)導入(2)展開(3)終末――の学習段階を踏まえた授業内容を提案。学習材を吟味し、どのような発問・指示を行えば、子供たちへ意欲的な学びを実践できるかが分かりやすい。教師の発問や指示と、それに対する子供の反応が、文字やイラストで詳細に取り上げられている。

また、「中学年以上」「5、6年生」「全学年」など、どの学年で使用できるかを明記。各分野でのポイントや付けたい力、授業づくりのコツなども記載している。

例えば、漢字の作品づくりでは、教師が示したモデルと、子供たちの作品の写真を掲載。作品を通してどのような指導を行えるか、参考にできる内容になっている。他の分野では、実際の板書や、創作したストーリーを発表する子供たちの様子も収められている。

同書は、シリーズとして、他にも「学級づくり編」や「国語授業編」を発刊している。

あなたへのお薦め

 
特集