耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ

ナンシー・チャーニン 文 チェズ・ツエ 絵 光村教育図書 1400円+税
ナンシー・チャーニン 文
チェズ・ツエ 絵
光村教育図書
1400円+税

1862年5月23日、オハイオ州ホックタウンの農場に、ウィリアムは生まれた。長じてメジャーリーグに大変革をもたらす。でも、耳が聞こえない。

走攻守に才能を発揮。プロから声がかかる。しかし、打席に立ち、3球ストライクで審判からアウトを告げられても聞こえない。チームメートは馬鹿にした。ベンチで彼は唇をかんだ。

そんな中で、良いアイデアが浮かび、絵にして審判に進言した。ストライクやボール、アウトやセーフのジェスチャーが、こうして生まれた。サインプレーも。

チームメートは作戦が敵に伝わらないと喜ぶ。観客は、試合の状況がよく分かると大歓迎。

外野を走るウィリアムに、観客はスタンディングオベーション。彼の目は打ち震え、光るものが流れ落ちた。

実話絵本に、心躍る。

あなたへのお薦め

 
特集