さらば! オンチ・コンプレックス

小畑千尋 著 教育芸術社 1300円+税
小畑千尋 著
教育芸術社
1300円+税

副題に「〈OBATA METHOD〉によるオンチ克服指導法」とある通り、「オンチ」な児童生徒の歌唱を、心と技能両面でサポートする指導法を指南する。

指導法に悩む教員志望の学生ユキとケンに、著者のキャラクター「小畑先生」が、独自の指導法を伝授する設定。レッスンと授業実践を、漫画と会話文でまとめているので、音についての指導法とはいえ、イメージがとてもつかみやすい。

このメソッドが重視するのは、「内的フィードバック」能力の向上。つまり、歌いながら自身の音程を認知する能力を、指導者、またはパートナーと一緒に練習して向上させると、正確な音程で歌えるようになるという理論だ。

指導者に求められる条件は、▽歌うのが好き▽子供に「この人となら一緒に歌ってもいいな」と思われる▽自信を持って「内的フィードバック」ができるの3つ。

その内的フィードバックも、絶対音感が必要なものでなく、2つの音を聞いて高低が分かり、「少し低いよ」「もう少し高く」と指摘できるくらいで大丈夫だという。

指導法は「声のけんかクイズ」「アイーン音程クイズ」など、ユニークで実践的。Q&Aでは「ある子を他の子が『オンチ』と言いました。言わないように指導するべきでしょうか?」などの質問に、適切な指導法を答えていて、指導が不安という教員にも分かりやすい。