昔話法廷

NHK Eテレ「昔話法廷」制作班 編 今井雅子 原作 イマセン法律 監修 金の星社 1300円+税
NHK Eテレ「昔話法廷」制作班 編
今井雅子 原作
イマセン法律 監修
金の星社
1300円+税

「三匹のこぶた」は殺人罪か、オオカミから身を守るための正当防衛か。いたずらタヌキにおばあさんを殺され復讐した「カチカチ山」のウサギに、情状酌量で執行猶予を認められるか。「白雪姫」を毒りんごで殺そうとした犯行を全面否定する王妃は無実か。

昔話の登場人物たちが現代の法廷で裁きを受ける。検察官・弁護人・証人・被告人の迫真のやり取りと、それぞれの立場からの発言に戸惑い悩む裁判員の心情を、臨場感たっぷりに描く。

周知の物語が題材となっており、児童生徒にとって裁判や法が自分事に感じられる。裁判や裁判員制度を知り、法や、法と道徳の違いなどを考える契機となる。法教育の題材や対話のある学びの参考となる。

判決はあえて示されていない。判決を下すのは、物語を読んだ子供たち一人ひとりだ。