公立中高一貫校選び 後悔しないための20のチェックポイント

 佐藤智 著 ディスカヴァー・トゥエンティワン 1500円+税

佐藤智 著
ディスカヴァー・トゥエンティワン
1500円+税

設置数が増加している公立中高一貫校。「強み・弱みは各校によって異なる。学校を調べるのは、何よりも大切な適性検査になる」と、子供と学校のミスマッチを防ぐために、学校選びの20のチェックポイントをまとめた。

「学力育成・進学実績」「学校体制・教師組織」「人間性の育成」「設備・環境」の各項目で、チェック点と具体的な方法を伝授。

高校入試がないメリットを生かした授業を行っているか。6年間、同じ学校にいるために起こる「中だるみ」対策はどうしているか。行事には一貫校ならではの良さが出せているか。生徒の引き継ぎはスムーズに行われているか。言語活動に力を注ぎ、学校図書館の蔵書は充実しているか――など、確認すべき点は多岐にわたっている。

基本的には、保護者に向けて書かれているが、教員にとっても参考になる内容。そして、最大の特長は、この本がただの「受検指南書」ではないことだ。

教育ライターである著者の佐藤さんは、全国の教員約500人から話を聞いた経験がある。

あとがきでは、「私たちにできることは、子どもたちが船出をする際に精緻な地図を渡すのでなく、自分で地図を描く力を与えて、大海原で船をこぎ続けるたくましさを養うことではないでしょうか」と説いている。

佐藤さんは、本紙4月17日号から新連載を始める。そちらも合わせて、ぜひ読んでいただきたい。