かんもくって何なの!?

モリナガアメ 著 加藤哲文 解説 合同出版 1280円+税
モリナガアメ 著
加藤哲文 解説
合同出版
1280円+税

話せなかったのは「自分が弱い」せいじゃなかった――。

しゃべりたいのに人前ではしゃべれなくなってしまう「場面緘黙症」になってしまった著者。けがをしたときでさえ言い出せず、存在感がなさすぎて周りから気付いてもらえない。

話す行為への恐怖心、「自分は人と同じことができない」という自信のなさ。

話せるようになった今も「話せなかった悲しい記憶」を引きずり続けてしまう。

「『話せるようになったからよかった!』で終わりじゃないって知ってほしい」

そんな思いを込めて、自身に起こった出来事を、幼稚園時代から振り返って漫画に描いた。

少しでも多くの人に場面緘黙症を知ってもらえたら。その祈りにも似た願いが響いてくる。

日本緘黙研究会の加藤哲文会長による解説も収録。