とってもわんだふる! イヌのひみつ

今泉忠明 監修 小野寺佑紀 著 ミネルヴァ書房 2800円+税
今泉忠明 監修
小野寺佑紀 著
ミネルヴァ書房
2800円+税

現在国内で飼育されているイヌの数は推計987万8千頭。国民のおよそ13人に1人がイヌと生活している計算だが、イヌに関する知識を持つ人はそれほど多くないのではないか。

イヌは2万年以上も前から人間のパートナーとして生きてきたとされ、人間と共に狩りをしていた時代もあった。人間が宇宙空間で生きられるかどうか分からなかった1950年代には宇宙船に乗せられ、その後の人類初の宇宙飛行に陰ながら貢献した。人間の1億倍ともいわれる嗅覚を生かし、警察犬として活躍したり、病気を嗅ぎ分けたりもする。イヌには人を癒す力もあり、人に生きる活力を与えると考えられている。

イヌが人間社会に貢献する一方、人間はイヌを理解できているだろうか。ページをめくるたびにイヌへの理解を深められ、正しい知識が身に付くだろう。