カラスだんなのはりがねごてん

井上よう子 作 くすはら順子 絵 文研出版 1200円+税
井上よう子 作
くすはら順子 絵
文研出版
1200円+税

駅前広場のけやきの木には、カラスだんなの「はりがねごてん」がある。大きくて立派だけど中に入ったものはいない。わかいカラスのカンタは、カラスだんなに憧れている。そこにカラスだんなのおでまし。きまぐれをおこし「みせてやらんでもないぞ」という。

はりがねごてんのなかにはかがやく宝物がいっぱい。鏡や金細工、銀の玉、ガラス玉――。カンタたちは目をみはる。そのとき、男たちがやってきてチェーンソーでけやきの枝を切り、はりがねごてんは壊れてしまい、宝物もごみぶくろに入れられてしまう。「あのお宝はガラクタだったのか」おちこむカラスだんなは、はらっぱに残されたガラス玉をひろう。

他の人にはガラクタでも本人にはお宝。小学校1年生から読める易しい文と絵で価値の感じ方の違いがあることを学べる。