きみ、なにがすき?

はせがわさとみ 作 あかね書房 1200円+税
はせがわさとみ 作
あかね書房
1200円+税

森の奥、あなぐまの家には広い庭があるけれど、ぼうぼうと生えた草以外にはなんにもない。あなぐまは畑を作って友だちの好きなものを育て、喜ばせたいと考える。ぶたにはじゃがいも、りすにはりんご、うさぎにはにんじん、はりねずみにはきいちご。でも、彼らはあなぐまのあげたいものをもうたくさん持っていた。落ち込むあなぐまに、はりねずみがかけた言葉は……。

やさしい色合いの水彩で描かれる絵は温かく、好きなものに囲まれた動物たちはいきいきと魅力的。あなぐまと一緒になって期待したり怒ったりしていると、友達の好きなものと同じくらい自分の好きなものを大切にすること、そしてそれを理解し受け止めてくれる友達がいることが、どれだけ尊く、私たちを幸せにしてくれるか、改めて気付かされる。