2ひきのねこ

宇野亞喜良 作・絵 ブロンズ新社 1400円+税
宇野亞喜良 作・絵
ブロンズ新社
1400円+税

ぼくがももちゃんのいえにやってきたとき、ぼうしのボンボンみたいって笑われたくらい小さかった。

ももちゃんは、しろいももみたいなほっぺをしてた。ピーチとボンボン。

赤ちゃん猫の時から、ももちゃんとぼくはいつもいっしょ。

ぼくも、ももちゃんも、木の上がすき。木の上はふたりのふね。ふたりでどこへだっていける――。

ぼくたちの幸福な日々は、ずっとずっとつづくと思っていた。ある日、砂色のおにぎりみたいな、ちっちゃいこねこ、すなこがやってきた。――「かみさま どうか ぼくから ももちゃんを とりあげないでください」

「ぼく」たち猫の豊かな表情と、おしゃれなももちゃんを繊細なタッチで描いた。作者の愛猫の実話に基づく切ない物語。