体育が変わる! 子どもの育ちを引き出す言葉かけ

 チャイルド本社 鈴木八重子 著 1300円+税

チャイルド本社
鈴木八重子 著
1300円+税

保育シーンでよく発生する「あるある!」具体例91ケースに、保育歴40年のベテラン先生が分かりやすく対応法を指南してくれる一冊。「子供の行動には必ず意味がある」という前提に立つ著者が、子供からの発信を丁寧に受け止め子供たちから学んだ知識を基に、保育者として望ましい対応法をまとめている。

登園時、食事、遊び、行動理解などの園児との関わりにまつわるものに加え、保護者対応のカテゴリーも。各ケースについて、(1)子供の気持ちの読み取り方(2)声がけ例(3)日々の保育シーンでの活用例――の三つのポイントで整理。

「こんなケースにはこんな声がけで!」と、対応方法を一対一で示さずに、個々の子供や保護者に対応するために、保育者自身が対応方法を工夫し、試行錯誤していくことをサポートする内容であるという点が、本書の特徴の一つである。

著者は、三つのポイントの中でも「子供の気持ちの読み取り方」をとても重視している。それは、子供からの発信をしっかり受け止めることが、子供の理解を深め信頼関係を強固にし、さらに、保育者自身の成長につながる気づきを得られるからであるという。

保育は日々いろいろなケースに対峙しなければならず、思うようにいかないことも多い。しかし保育者の試行錯誤と努力の先に得られる、大きな達成感と保育の喜びを感じることができれば、保育はもっと楽しいものになるだろう。