1年間毎週使える校長講話 2018

教育開発研究所 編 教育開発研究所 2000円+税
教育開発研究所 編
教育開発研究所
2000円+税

小・中学校の朝礼など日常の学校生活において、1年を通して使える校長講話の92の実例を収載している。子供たちを引きつけるコツが示されており役に立つ。

学校行事や季節のこと、身の回りの出来事などを通して、今、子供たちに伝えたい大切なことをどのように話したらよいか、講話の意義や秘訣も示している。講話の理解と自分流アレンジに役立つ「テーマ・ねらい」「アイデア・ポイント」を掲載。月ごとに講話内容が工夫されており、「4月」の項目には、「明日も行きたくなる学校」「新しい人との出会いを大切に」などをテーマに、新年度らしい講話例が提示される。

「アイデア・ポイント」としては、例えば「挨拶の仕方」について講話をするときに、「声が小さな挨拶」「笑顔の挨拶」など、いろいろなあいさつをその場で児童生徒同士でやらせるといったものが収録されている。

本書の使い方は、4つのSTEPを踏む――STEP1「該当時期の講話を一読し、解説をチェック」、STEP2「勤務校向けにアレンジが必要な場合は修正を加える」、STEP3「7分間を目安に子どもたちに語りかけることをイメージしながら音読演習」、STEP4「はじめに・講話づくりの秘訣を参照し、オリジナル講話を作成」。講話ネタの探し方や、テーマの決め方、講話メモの例など、講話をするのに参考になる情報が満載。子供の心に残る講話がすぐに実践できる。