答えのない道徳の問題 どう解く?

 やまざき ひろし 文 きむら よう他 絵 ポプラ社 1500円+税

やまざき ひろし 文
きむら よう他 絵
ポプラ社
1500円+税

正しいこと、間違っていることをよく理解し、よいことを行うのが道徳の意味。とはいっても、よいのか、悪いのか、分からないことが世の中にはある。

本書では道徳の問題に、当代の人気者が解答者として「考えるためのヒント」を提供してくれる。あくまでもヒントであって答えではない。取り上げたのは「びょうどう」「ゆめ」「せいぎ」「すき」といった身近な13問。例えば「べんきょう」。「『人が嫌がることはしちゃダメ!』ってお母さんは言う」のに対し、子供は「どうしてお母さんは、ボクの嫌いな勉強をおしつけてくるんだろう?」と反応する。子供が大人と対話を重ねることで、答えが一つでないことが分かったり、視野が広がることが実感できたりする構成になっている。

解答者には、棋士の羽生善治さん、卓球選手の水谷隼さんが名を連ねる。小学校低学年以上。