忙しい先生方が無理なく取り組める・授業のアイディア30

古川光弘 著 黎明書房 1400円+税
古川光弘 著
黎明書房
1400円+税

多忙な教師のため、少ない準備時間とシンプルな方法で児童の学力を確実に高める授業とその考え方が満載されている。著者の長年の指導経験を踏まえたアイデアとして、児童の集中力を考慮し、45分間の授業を分割して進める「10分間パーツ教材」、全教科で活用できる「フラッシュカード」を使った実践などが詰まっている。

小学校1年の算数の単元「おおきさくらべ」では、生活科のアサガオの栽培を関連付けた指導を示す。児童がそれぞれ育てたアサガオを使って、長さを調べる方法などを検討させる。さらに、多くのアサガオの中から一番長いものを見つける方法を考えさせる。茎が曲がっていたり、葉の茂り方などが異なるため、一見しただけでは最長のものが分かりにくい。そこで、教師は茎のつるを伸ばしたり、手の幅を目安にしたりするなど複数の計測手段を助言し、児童に適切な測定方法を試行錯誤させる。児童が育てたアサガオを学習材にすることで、授業への参加意欲と集中力が高まると指摘する。

社会科では、児童自身が問題意識を持って学びの追究心を高めていくための展開案を記している。

4年生の地図と親しむ学びでは、地図記号の暗記がメインにならないよう、地図帳を使った地図の間違い探しゲームを紹介。児童には、新潟県の佐渡島の位置が違う日本地図を示した上で地図帳を比較しながら誤りを探る。地図帳で誤りを楽しく探しながら、地図への興味と理解が深まるとした。