「特別の教科 道徳」の評価 通知表所見の書き方&文例集

尾高正浩 編著
日本標準
各2000円+税

道徳の時間が「特別の教科 道徳」になることで何が変わるのか。編著者は「現場の先生方にとって一番関心があるのは『評価をどうするか』だと思います」と述べる。

道徳科の評価について、文科省が設置した専門家会議による解説は「個々の内容項目ごとではなく、大くくりなまとまりをふまえた評価とする」と記し、「励ます個人内評価を」求めている。本書はこれを踏まえ、道徳科の評価として通知表の所見をどう書けばよいかを、指導内容に応じて豊富な文体で具体的に示す。

子供たちを認め励まし、自分の成長を実感させ、意欲の向上につながるものであることが求められていると編著者は考える。求めに応じるには子供が納得できる評価にしなければならない。そこで有効なのが「子供の自己評価」。具体的には子供たちによる道徳科の学習についての振り返りだという。道徳ノートやワークシート、質問紙を活用しながら、「子供の自己評価」と「教師による子供の見取り」を併せて評価する方法を紹介している。

本書は「低学年」「中学年」「高学年」に分冊され、それぞれの発達段階に応じた特徴や到達の目安を分かりやすく示す。道徳科を中心としながら他の教育活動と関連させたプログラムづくりの有用性に触れ、「いろいろな視点から子供たちに考えさせるよう指導することで、心の変容を促す」と訴える。