ウシクルナ!

陣崎草子 作・絵
光村図書出版
950円+税

サンタクロースなんて信じちゃいない。すぐに勤め先を辞めさせられる父ちゃんのせいでうちは貧乏だし、母ちゃんは愛想をつかして出ていった。プレゼントはほしいけれど、うちになんか来るわけないのだ――小学4年生にしては少々シニカルな主人公・四葉四郎のもとに現れたのは、サンタではなく、腹巻き姿で関西弁をしゃべる「おっさんウシ」だった。

サンタが牛という設定もさることながら、登場人物もぶっとんでいる。「君が呼ぶから、来たったんやで」といって居候を決め込むウシ、四郎の家のドアをバズーカで破壊する財閥令嬢で同級生のレラミ、ウシをあっさり受け入れた父ちゃんに大家の三段界さん。自由すぎる周囲の人間(と牛)に翻弄されながらも、四郎はいつしか彼らと絆を深め、本当にほしかったものを手に入れる。