さかなちゃん

平田昌広 作/平田景 絵
少年写真新聞社
1400円+税

「さんま、かつお、しまあじ、ひらまさ、さば……」。魚を食べることが大好きな女の子「ささきかな」ちゃん――通称「さかなちゃん」が、魚の知識や愛を競う「さかなくいおうけっていせん」に参加し、優勝を狙う。

イギリスからやってきた親友エミリーや大会一の大食い「フィッシュぎょうてん」、愉快なライバルたちと切磋琢磨する。魚の申し子さかなちゃんは、回転寿司のネタ当てクイズや、焼き魚をきれいに食べる勝負など、個性的な競技内容のステージを次々にパスしていく。特に焼き魚を食べるさかなちゃんの美しい箸使いは、「さすが」の一言。

ページをめくるごとに、思わず手を伸ばして食べたくなるあじの開きやにぎりずしのイラストが、食欲を刺激する。魚が食べたくなる楽しい絵本だ。

夫婦作家の平田昌広氏が文、平田景氏が絵を担当する。