「コミュニティースクール」運営の疑問に答える

9月14日に都内で開かれた文部科学省のコミュニティ・スクール推進協議会では、コミュニティ・スクール実施に当たり、お祝い金をどう扱うか、教職員の意識を高めていく管理職のとるべき手だてや学校運営協議会とPTAとの関係など、運営に当たっての疑問点が参加者から寄せられた。実践発表校である岡山市立岡南小学校、京都市立藤城小学校、川崎市立川中島小学校の3校が、自らの実践に基づき、これらの疑問点についてアドバイスした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。