不登校事例から対応を学ぶ

生徒指導担当だけでなく、組織的に不登校問題に対応するためのカギを探る第20回問題行動研修会・ワークショップがこのほど、NPO法人教育研究所主催、文部科学省、全国都道府県教育委員会連合会、教育新聞社後援により、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された。講座「不登校・ひきこもりを長引かせないために~教員・学校は親子にどのようにかかわるか」では、講師の牟田武生NPO法人教育研究所理事長が、参加者と事例の問題点を共有化するとともに、対応のポイントを探った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。