礼儀作法と相手の尊重を―武道必修化

平成24年度から全面実施される中学校の新学習指導要領体育で、1、2年生で必修となった武道の実施に向けて先行実施している学校の取り組みから、授業の工夫や課題をまとめてもらった。</div>栃木県宇都宮市立雀宮中学校の山田博子教諭は剣道に取り組み、武道必修化で特に期待されているのは、礼儀作法などの伝統を学び、相手を尊重する態度を身に付けさせることと考えるという。((財)日本武道館協力)

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。