学校の質は校内研究で向上

小・中学校では、校内研究の取り組みと「学校の質の高さ」が密接に関連――。国立教育政策研究所の千々布敏弥総括研究官と大阪教育大学の木原俊行教授は、このほど東京都内で行われた日本教師教育学会第20回研究発表大会で、国立教育政策研究所が実施したアンケート調査に基づいて、「校内研究の現状と課題に関する分析」と題する調査研究の結果を発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。