「読み聞かせ」の効用、科学的に立証

白百合女子大学生涯発達研究教育センターは10月16日、東京都調布市の同学で「『読み聞かせ実践』を科学する」と題するシンポジウムを開いた。発達心理学、脳科学、小児科学などの各専門家が「読み聞かせ」の有効性を立証したもので、「読み聞かせ」が情動の中枢を活性化させて意欲をはぐくみ、その延長線上にある読書習慣の形成にとっても有益であることがわかった。日本子育て学会第2大会の協賛企画で、日本公文教育研究会が共催した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。