ICT機器整備でできる授業モデル示す

ICT機器整備が進むと、どんな授業ができるのか。そのモデルとなる公開授業が11月19日、新潟県上越市立春日小学校(西山義則校長、児童数780人)で行われた。JAET2010上越大会の一環として実施されたもの。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。