学校での地震防災教育、実践者に聞く

東日本大震災では、多くの子どもや教職員からも犠牲者が出た。全国学校安全教育研究会長を務め、自校で地震防災教育を長く実践する東京都板橋区立高島第一小学校の矢崎良明校長に、このたびの大震災への思いや今後求められる有事対応、防災・減災教育のあり方などについて聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。