放射線をどう教える 教職員セミナー

学習指導要領改訂に伴い教職員を対象とした放射線の学習指導「放射線等に関する教育職員セミナー」が、全国各地で展開されている。8月16日には、東京都文京区の東京都教職員研修センターで開催、都内の教職員約100人が参加した。実際の授業で活用できる基礎的知識等の修得を図ることが目的であり、セミナーでは放射線に関する講義の後、参加者が実験を行い授業案を検討した。参加者からは、福島原発事故が発生したことに関連する質問が出されたほか、生徒への指導に戸惑う声も聞かれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。