子どもの視点で災害を考える 防災教育

大震災以降、多くの学校で防災に関する授業が実践されているが、さきごろ行われた京都教育大学附属桃山小学校の教育実践研究発表会でも、防災をテーマにした社会科授業が公開された。電子黒板を活用して災害をイメージ化するとともに、災害を分類するなど子どもの視点を生かして防災を考える取り組みが展開されていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。