外来語から学びを広げる 小学校英語教育学会で実践報告

 小学校外国語活動のスタートから2年目を迎える中で、実践や指導技術、評価などに関する幅広い研究報告や協議を深める第12回小学校英語教育学会(JES)千葉大会が、7月15、16の両日、千葉大学で開催された。大会では、各地の教員、研究者などによる課題研究発表、自由研究発表や授業ワークショップ、講演などを実施。小学校外国語活動の目標や実践のあり方を再認識し、子どもたちにとって身近な外来語の活用や表現力向上に向けた英語劇など、アイデアあふれる数々の授業報告と協議が行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。