自立した社会人育成のために 金融経済教育

学校での金融経済教育導入や促進に向けて、主に学校管理職を対象に理解啓発を図ろうと、日本証券業協会による「金融経済教育に関する学校長セミナー」が、東京都千代田区のクラブ関東でさきごろ開催された。講演者の1人、石毛宏帝京大学経済学部教授は、「働いて得るお金の尊さ」を基本に、生活に不可欠な貯蓄や投資に関する運用、リスクなどの科学的な仕組みや重要性を説明し、「自立した社会人育成のためにも金融経済教育を推進してほしい」と話した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。