「今宿スタンダード」で生徒指導 規範意識や自己有用感など育む

人間関係、信頼関係を大切にした内面からの生徒指導を――。横浜市立今宿中学校(熊谷守浩校長、生徒数474人)は、校内における生徒指導・学級経営の指針となる「今宿スタンダード」を設定し、実施することで、全教職員ぐるみで進める総合的学級経営、予防的、対処的、開発的な生徒指導を図っている。また生徒指導と特別活動を学校生活の両輪として捉え、課題の多い生徒への働きかけを進め、生徒による自治的な集団を育んでいくことを目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。