「ぶちあわせ太鼓」だ~! 音楽で伝承の豊漁祈願

千葉大学教育学部附属小学校(竹内裕一校長、児童数685人)はさきごろ、第46回公開研究会を開いた。平成22~24年度の3年間を通じて、学びを楽しむ要素としての「考え合う」「コラボレーション」をキーワードに、子どもたちが他者からの学びに気づき、自分の考えを深め、考え方の方向を修正して変容する様を見据えた実践を追究してきた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。