若手教員の学級経営力を高めるには

まずは、自分の得意技や持ち味を生かした学級経営に取り組んでみよう――。横浜市立川井小学校(石川英雄校長、児童数344人)で、教務主任、児童支援専任として若手教員の成長を見守る板橋典子主幹教諭から、経験が乏しい若手教員に向けて、多様な教育課題を乗り越えていくための力を磨く学級経営向上のアドバイスと、エールを送ってもらった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。