児童生徒がいじめ解消で話し合う「横浜子ども会議」がスタート

いじめ根絶に向けて、横浜市内の全公立小・中・高校の代表児童生徒が集い、話し合いを深める――。横浜市教委では、昨今のいじめ問題の根絶に向けて、児童生徒自身が問題に向き合い、問題解決や克服策について共に考える「横浜子ども会議」を6月から実施している。6月13日には、同市立みなと総合高校で高校生の会議が開催され、全市立高校9校の代表生徒が参加。「ネットいじめ」「学校全体で意識し合ういじめ対策」など、いじめの現状や解決策について協議した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。