子ども理解を踏まえて指導力を向上 『学び合い』を学び授業変革

子どもたちの「生きる力」があらためて教育命題となる中で、基礎・基本の確かな習得と思考・判断・表現力のバランスの取れた学力育成を教師がどのように図っていくかが、現在、求められている。「詰め込み」でも「ゆとり」でもなく、子どもたちの主体性を重んじながら生き生きと学び続ける「確かな学び」に向けた指導や授業のあり方について、教員の実践から考えてみたい――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。