笑顔で「いらっしゃいませ!」 持てる力発揮し生き生きした姿

笑顔で「いらっしゃいませ」と迎えてくれ、席まで案内してくれる――。昨年11月中旬に行われた埼玉大学教育学部附属特別支援学校の第43回研究協議会における中学部1年生(6人)の生活単元学習の公開授業でのことだ。同校では「自分の力を発揮し、生き生きとした姿を目指すキャリア教育の実践―子どもの将来を見据えた指導を求めて」を研究テーマにしており、よさや能力が発揮できる場面を大切にしている。公開された授業では、子どもたち一人ひとりが自分の持つ力を発揮しつつ、人と関わる様子が見られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。