「背水の陣」は「勉強せずにテスト」 生活体験で故事成語学ぶ

東京都板橋区立赤塚第二中学校(稲葉秀哉校長、生徒数520人)は、教科ごとの専用教室で学ぶ教科センター方式の環境を生かし、生徒の主体的、能動的な学習「アクティブ・ラーニング」の実現を目指す授業研究の成果を1月17日に発表した。1年生国語の故事成語の学習では、生徒がそれぞれの生活体験を思い起こしながら複数の故事成語を使った例文を作成。個人、グループ、全体発表で互いの作品を読み合い、意見交換を重ねる中で、現代に生きる古文の魅力や表現の良さに気付く実践とした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。