本当の自由って? 多様な意見を対比させる道徳教育

全教育活動を通じた道徳教育の推進や道徳コーナーの掲示といった心を育む教育環境の整備などを軸に、「自他を認め合い、高め合う心を育てる道徳授業」を追究している東京都渋谷区立加計塚小学校(高橋妃彩子校長、児童数380人)が、さきごろ、道徳の公開研究会を開いた。「豊かな心をもち、生き生きと活動する子供の育成」を研究主題に、全学年の道徳の時間の実践を公開。5年1組の「自由・自律・責任」について考える授業では、勝手気ままに過ごす王子と森の番人とのやりとりを場面絵の演出などで丁寧に見つめて対比させながら、「本当の自由」についての考えを深めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。