「いざは普段なり」 月1の避難訓練など活動も積極的に

「いざは普段なり」をモットーに防災教育の研究に取り組んでいる千葉県野田市立山崎小学校(高橋宏校長・児童数390人)は、日々の生活の中で進んであいさつをする、人の話をよく聞く、正しく廊下を歩くといった基本的な生活習慣を身につけることを大切にしている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。