見取り・共感・共有で 子どもと一緒に学級文化を築く

「子どもの心をつかむ!!新学期の授業ベーシック」と題し、各地の教員の学級経営や授業実践について広く交流し、研さんし合う第19回使える授業ベーシックセミナーが、3月27日、筑波大学附属小学校で行われた。そのうち、西岡光彦山口県山口市立白石小学校教諭は「子どもと築く学級文化」の取り組みを報告。教員と子どもとの温かな信頼に根差した「学級文化づくり」のために、共感などの視点を見据えた学級経営について語った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。