痛みに寄り添える想像力を 世界自閉症啓発デーでシンポ

「共に支え合おう―みんなで作ろう、やさしい街を」をテーマに世界自閉症啓発デー2014シンポジウムが、3月29日都内で、一般社団法人日本自閉症協会ほかの主催で開かれた。泉房穂兵庫県明石市長ほかによる、それぞれの市町での発達障害などへの取り組みについて発表が行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。