子ども自身が問い深める授業に 学芸大道徳教育研がパワーアップセミナー

「特別の教科 道徳」(仮称)への歩みが進みつつある中で、道徳教育の魅力とこれからの可能性を考える東京学芸大学道徳教育研究会による第5回道徳授業パワーアップセミナーが8月8日、同学で開かれた。「道徳の教科化の動きといま期待される道徳授業」と題した永田繁雄同学教授の講話では、「教師の方向付けだけでなく、子ども自身が問いをもって臨む授業づくり」「人物の共感にとどまらず、価値や生き方の追究につながる問いかけを工夫」などの視点が提言され、多様な考え方を吟味しながら学び、磨き合う骨太な授業の実現を呼びかけていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。